アートで映えを狙う!美術館での写真撮影のコツ

写真好きの皆さんは、美術館で写真撮影ができることを知っていますか?

美術作品や展示室内は撮影禁止…そんな美術館の常識が最近変わってきています。

 

アートと写真撮影を同時に楽しむ!そんな美術館の新しい楽しみ方をご紹介します。

SNSで話題!美術館での写真撮影

 

近年、美術館の中で写真撮影ができるようになってきています。

作品と一緒にオシャレに写真を取ってSNSにアップすればいいねが沢山つくことでしょう。

 

ところで、なぜ美術館の中で写真を撮ることができるようになってきているのか知っていますか?

それは、SNSによる広報効果を期待しているからです。

 

2018年に六本木の森美術館が展覧会入場者数の年間記録1位を獲得したことがきっかけとなり、美術館業界でSNSによる広報が注目を集めています。

その注目度の高さは、森美術館の広報担当者がSNSマーケティングに関する著書を出版するほどです。

TwitterやInstagramといったSNSで美術館の名前を検索してみれば、多くの美術館が積極的に写真の撮影とアップロードを勧めていることがわかると思います。

 

シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略

参考商品:シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略

 

美術館で写真を撮るコツ

それでは、実際に美術館で綺麗に写真を撮るコツをご紹介していきます。

事前準備

まず、展覧会ごとに撮影可能な範囲が異なります。

 

写真撮影が解禁されつつあるとはいえ、展覧会によっては全面撮影禁止の可能性もあります。

 

会場に到着してから撮影禁止だと気がついたなんてことがないように、事前に公式WEBなどで確認しましょう。

 

他にも、持ち込みできる機材は確認しておいた方が良いです。コンパクトなミラーレスカメラやスマートフォンならほとんどの場合問題ないでしょう。

美術館の展示物の撮影

美術館は作品をなるべく良い状態で保存する義務があります。

 

作品に強い光が当たって退色することを防ぐために、展示室内は薄暗いことが多いです。

なので、高感度で手ブレに強いカメラがおすすめです。

ISO感度は高めに設定し、露出補正をプラスするとより綺麗に写すことができるでしょう。

 

最近注目を集めているのは空間そのものを作品とする「インスタレーション」と呼ばれるアート。

インスタレーションはとっても写真映えするので、ぜひ撮影してみてください。

 

こちらの写真は世界的なアーティスト、オラファー・エリアソンのインスタレーション作品《The Wether Project》です。

photo by InSapphoWeTrust from Los Angeles, California, USA

建築物としても魅力的な美術館

展示室に入る前に美術館の前で撮影するのもおすすめ。

 

美術館として建てられた建築は個性的な外見のものや、有名建築家による設計のものも多く、写真映えすること間違いなし!

六本木の国立新美術館は日本を代表する建築家、黒川紀章が手がけています。ガラス張りで大きく波打った壁面が美しいですね。

 

上野の国立西洋美術館はル・コルビュジエの建築として、なんと世界文化遺産に登録されています!

 

 

美術館で写真撮影する際のNGポイント

美術館/展覧会事に撮影のルールは変わります

写真撮影に関する基本的な注意事項は、ほとんどの場合展覧会の入り口に掲示されています。

 

撮影が可能な範囲などを確認してから入場しましょう。

展覧会ごとに禁止になっている事項は異なりますが、三脚や自撮り棒などのカメラを手元から離す機材の使用、フラッシュを焚いての撮影はNGとなっていることがほとんどです。

 

気になることがあれば、撮影する前に監視員に確認しておくとトラブルを防ぐことができます。

ルールだけでなく他の来場者の方にも配慮を

多くの美術館が広報のためにSNSへのポストを推奨していますが、あくまで展覧会は作品を鑑賞する場です。

 

撮影に夢中になりすぎて、鑑賞する人の邪魔にならないように注意しましょう。

 

展覧会によっては作品の周りに結界と呼ばれる背の低いポールが立っていることがあります。

これは「これ以上作品に近づかないで」というサインなので、それより身を乗り出して撮影しないようにしましょう。

結界がない場合も、作品に近づきすぎないように気をつけたいですね。

 

美術館は作品の保存にとても気を使っています。少しでも作品や快適な鑑賞環境に影響が出ることは避けて撮影しましょう。

まとめ

美術館での写真撮影のコツや注意点について解説させて頂きました。

撮影のコツとNGポイントをしっかり押さえて、快適にアート鑑賞&撮影を楽しめるといいですね。

展覧会を探すのに役立つウェブサイト【美術手帳】

美術手帖(https://bijutsutecho.com)は全国で行われている展覧会を紹介するアートポータルサイト。

面白そうな展覧会を見つけたら、こちらから美術館の公式サイトへアクセスして撮影が可能か確認してから出かけてみるといいですね。

 

ぜひ、アートでSNS映えな撮影を楽しんでみてください!

その他参考記事

アトラクションも風景撮影も両取り!ディズニーリゾートの巡り方

どこを切り取っても写真映えするディズニーリゾートでの撮影のコツやアトラクションも楽しめるルートをディズニーランド、ディズニーシーそれぞれのルートから解説しています。

ディズニー撮影

冬は工場夜景撮影がオススメな理由と撮影スポット紹介

冬だからこその工場夜景撮影のメリットや全国のお勧めスポットを解説しています。

ストリートスナップ炎上事件から学ぶ!街中で撮影する際の注意点

どこで、誰を、何を撮ると問題になるのか、弁護士先生が解説しています。

 

アバター

watanabe11

おすすめの記事

【コスプレ】もう迷わない!カッコいい&可愛いポージングまとめ

衣装やメイク、機材にスタジオとバッチリ準備してきたのに、いざカメラを向けたらどんなポーズをしたら/して貰ったら良いか分からない…なんて経験ありませんか? せっかくセッティングしたのに、同じようなポーズ…

ストリートスナップ炎上事件から学ぶ!街中で撮影する際の注意点

2020年2月、富士フィルムが自社のカメラを使用して渋谷の街中で通行人を撮影した動画がSNS上で炎上し削除される事件がありました。この動画でカメラマンは、道行く人に突然カメラを向けて怪訝な顔をする人々…

【RAW?ホワイトバランス?】写真編集の用語を作例と共に解説

カメラで写真を撮り始めたばかりの方が必ず直面する壁。 それが「専門用語の意味を正しく捉える」ということです。   特に、写真をレタッチする際に使用するソフトには様々な機能が付いていますが、 …

人気レタッチソフトの特徴と違い【Photoshop、Lightroom、Luminar】

みなさんは撮影した写真をSNSにアップロードしたりプリントしたりするまえに、レタッチしていますか?   中には無加工の撮って出しにこだわるという人もいるでしょう。 しかし、今の時代は圧倒的に…

工場夜景写真を魅力的にするレタッチ法【Lightroom】

2020年最初の月が終わろうとしている今日。 今年の冬は暖冬が続いているので冬の風物詩である雪がなかなか撮れないと嘆いている人も多いですよね。 そんな暖冬でも美しく、むしろ少し暖かいおかげで例年よりも…

人気の記事

【中止 C98 2020夏コミ 春コミ】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

目次1 C98 2020年夏コミ(春コミ)は中止!(ふぉーかすスタッフ追記)2 「コミケ」ってどんなイベント?2.1 いつどこで開催されるの?2.2 オリンピック期間中コミケは?3 コミケ参加時の注意…

ハロウィン コスプレ

【10/26・27 池ハロ2019】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(池ハロ2019)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

コスプレ造形 キルラキル サンプル②

コスプレ造形の初心者さんにおすすめアイテム

コスプレの造形、と言うとすごくハードルが高い感じがしませんか?     好きなキャラだけど、鎧が面倒だなー、、、だから変身前の通常バージョンやろう、、というような方、少なくないかと…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

アバター

watanabe11

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.