【C96・8/9~12開催】コミケのコスプレ参加、撮影のルールとマナー

最新のコミケについての記事はこちら!

コミケでコスプレ・カメラデビュー!

初めてのコスプレ・カメラ参加の方向けに参加方法や注意点を解説します。

 

更衣室や会場、移動方法などについても記載しています!

 

 

暑い夏がやってきました!

夏と言えばコミックマーケット(通称:コミケ、コミケット)と連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今年は8月9日(金)~12日(月)まで、東京ビッグサイトにて「コミックマーケット96」(C96)が開催されます。

コミケといえば同人誌販売と同じくらい熱いイベントが、コスプレイベントです。

全国からコミケの為に(人によってはコミケの為だけに)コスプレイヤー、カメラマンがたくさん来場します。

「今年こそコミケデビューを!」と考えているコスプレイヤーの方、カメラマンの方も少なくない事でしょう。

そこで今回は初参加の方、まだ慣れていない方向けにコミケへのコスプレ参加、撮影のルールやマナーについて説明していきます。

 

コミケ参加の注意事項

コミケの来場者数はとにかく多い事で有名です。
2018年夏開催の「コミックマーケット94」では延べ53万人が来場しました。
2017年夏開催の「コミックマーケット92」より1万人増加していることから、今年もかなりの人数が来場される事が予想されます。

 

入場者数が多いと、それだけ混乱が発生します。
そこでコミケではルールが明文化されています。
その中でも一番重要で厳守しなくてはならないのは、「徹夜を含む前日からの来場禁止」というルールです。
お目当てサークルの同人誌がどうしても欲しかったり、早く入場したかったりと、先走ってしまいがちですが、
このルールだけはしっかりと守りましょう。

 

また、熱中症対策も必須です。
連日ニュースなどで熱中症関連の報道がされていますが、コミケも例外ではありません。
入場するまでの並びはもちろんですが、コスプレイベントは屋外で開催されます。
「自分は大丈夫」と過信して対策を怠ると、すぐに熱中症になってしまうのが人間のもろさです。
これはあまり知られていない話ですが、コミケでコスプレイヤーの方が熱中症になって運ばれると、
処置の際に大切な衣装が切られて脱がされてしまうのです。
自分のためにも他人に迷惑をかけないためにも、熱中症対策はしっかりとしましょう。

 

また、今回からコミケ会場に入る際、リストバンドの着用が必須となりました。
会場の当日販売の方が安価ではありますが購入希望者で混雑する可能性もありますので、スムーズな入場を優先する場合には事前に準備していくことをお勧めします。

 

更に今回のコミケから東京オリンピックの影響で開催会場が異なります
指定された場所以外(更衣室からの通路等)での撮影は依頼することも受けることもご遠慮下さい。
場所についてはこちらリンク下部をご覧下さい。

 

初めてコミケに参戦する人が驚く点として、人混みに加えてその臭気、凄いです。屋外でも感じます。あの人数を限られた空間に熱を込めて圧縮しているわけですから、多少の臭いは仕方ないのかも知れません。限度があります。
必ず前日夜ないし当日朝、入浴のうえご参加下さい。着替えや汗拭きシートを持ち込まれると尚良いですね。

 

その他にもコミケ準備会が定めているルールはいくつかありますので、こちらをご覧下さい。

コスプレイヤー、カメラマン共通の注意事項

コミケに限らないこともありますが初参加の方もいらっしゃるので、コミケ常連の方も復習の意味も込めてご確認頂ければ幸いです。

双方の協力・同意のうえで成り立っています。

必ず「よろしくお願いいたします。」「ありがとうございました。」といった挨拶をしましょう。

義務教育では教わらない可能性もありますので、念のため記載しておきます。

勝手にSNSにアップしない

盛れていない写真を世界中に晒されて嫌がるコスプレイヤーがいます。(盛れてるかどうかは個人の感想です)
撮影者の名前を記載せず写真だけ使用されて嫌がるカメラマンがいます。
トラブルを避ける為にはまず勝手に写真をインターネット上にアップしないことが大切です。

SNSの詳しい使い方・注意点についてはこちらの記事にて触れさせて頂きます。

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

相手を尊重する

上記2つにも通じることですが、コスプレ撮影は相手方がいます。
自分がされて嫌なことは避けましょう。自分がされて嬉しいことは相手にされて嬉しいかはわかりませんが、相手のことを考えようとする気持ちが第一歩です。

 

コスプレイヤーの方のルールとマナー

コミケ側で決められたルールはもちろんですが、コスプレイヤーには暗黙のルールがあります。
その中でも重要な事項を二つほどご紹介しましょう。

着替えは更衣室で行うこと

家で衣装に着替えてからコミケに直行・・・これはコミケに関わらずコスプレイヤーの暗黙のルールでタブーとされています。
確かにコスプレは一般的になりましたが、衣装で公共交通機関を利用することを良く思わない方は多数いらっしゃいます。
コスプレのイメージを悪くさせない・今後のコミケ開催に悪影響を与えない為にも、コミケ側で用意されている更衣室を利用しましょう。
更衣室の利用時間と場所

露出対策は万全に

夏という事で露出が多めの衣装を着用されるコスプレイヤーも多く見受けられます。
しかし露出の程度については、コミケ準備会のルールに明文化されています。
例えばヌーブラは下着とみなされてNGですし、水着はサポーターや下着の着用が必要です。
しっかりとルールを確認した上でコスプレを楽しみましょう。
衣装や露出について

ローアングル撮影には気をつけよう

露出が高めのコスプレと切っては切れないものがあります。
それは「ローアングル撮影」と呼ばれるものです。
コミケの禁止事項に「過度なローアングルや接写撮影は禁止」という項目がありますが、
ローアングラーと呼ばれるカメラマンは減らないのも現実です。
自衛策として以下のことが挙げられます。
 ・しっかりと露出対策をする
 ・ローアングラーに狙われたり、つきまとわれたら、コミケ準備会スタッフや警察に通報する
 ・露出の少ない衣装を選択する
残念なことに現在でもローアングラーの問題は尽きる事がありません。
あくまで自己防衛が基本となりますので、注意しましょう。

 

その他にも小物の持ち込みに関しての注意事項など、確認しておくべきことがあります。
コミケ公式ページよりご確認下さいね。
コスプレイヤーの注意事項

カメラマンの方のルールとマナー

コスプレイヤー同様、カメラマンにもコミケ側で決められたルールや暗黙のマナーがあります。

その中でも覚えておいた方がいい事項をご紹介しましょう。

機材はなるべくコンパクトに

年に2回しかないコミケ、良い写真を撮るべくたくさんの機材を持ち込みたくなる気持ちは分かります。

しかしたくさんの人が集まるコミケ会場でたくさんの機材を持ち込むのは迷惑行為ですし、トラブルの原因となりかねません。

必要最低限の機材を厳選して持ち込むようにしましょう。

並び撮影と囲み撮影

コミケのコスプレエリアにおいて人気のあるコスプレイヤーを撮影する時は、並び撮影か囲み撮影のいずれかになります。

 

・並び撮影
撮影のためにカメラマンが並んで、順番に撮影していきます。
一人で時間を占有しないように気をつけましょう。
またコスプレイヤーが後ろを向いた時は「休憩したい」という合図である可能性が高いので、
カメラマン側からの気配りも大切である事を覚えておきましょう。

 

・囲み撮影
コミケの様な大型のコスプレイベントで超有名コスプレイヤーが現れた時に見られる光景です。
一人のコスプレイヤーをぐるっと囲むようにして、集団で撮影します。
前の方に撮影場所を確保した場合は、後ろの方に迷惑にならないように気をつけましょう。

 

その他にも確認しておくべきルールがありますので、コミケ公式ページをご覧下さいね。
カメラマンの注意事項

ルールを守れば誰でも参加可能!

昔に比べてコスプレも撮影もとても敷居が下がりました。
コスプレは市販の衣装、ウィッグで参加可能ですし、撮影に関してもスマホで撮影している方がたくさんいらっしゃいます。
つまりコミケはマニアックなイベントから、ポピュラーなイベントになったのです。
しかしコミケのような超ビッグイベントは、参加者一人一人がルールやマナーを守ってこそ成り立つものです。
「自分一人だけなら平気だろう」という気持ちではなく、「自分もコミケを作り上げている一員」という意識を持ち、
コミケ準備会のルールやマナーをしっかりと守って、コミケを楽しみましょう!

 

コミックマーケット96の開催はもう間もなくです。
今年はどのようなイベントになるのでしょうか?
楽しみですね!

 

コミックマーケット公式サイト

 

参考記事

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

個人撮影の注意点や予防法を解説!

トラブル
さしみるく

さしみるく

現役コスプレイヤー兼カメラマン。 現在のようにコスプレという文化が根付くずっと前からコスプレを楽しんでいます。 モデル、キャンギャル経験がいきているのか、多くのカメラマンさんからポージングや表情を評価して頂いています。(恐縮です) ただ今は、撮られるよりも撮る方が好きです。

おすすめの記事

【コスプレ】もう迷わない!カッコいい&可愛いポージングまとめ

衣装やメイク、機材にスタジオとバッチリ準備してきたのに、いざカメラを向けたらどんなポーズをしたら/して貰ったら良いか分からない…なんて経験ありませんか? せっかくセッティングしたのに、同じようなポーズ…

ストリートスナップ炎上事件から学ぶ!街中で撮影する際の注意点

2020年2月、富士フィルムが自社のカメラを使用して渋谷の街中で通行人を撮影した動画がSNS上で炎上し削除される事件がありました。この動画でカメラマンは、道行く人に突然カメラを向けて怪訝な顔をする人々…

【RAW?ホワイトバランス?】写真編集の用語を作例と共に解説

カメラで写真を撮り始めたばかりの方が必ず直面する壁。 それが「専門用語の意味を正しく捉える」ということです。   特に、写真をレタッチする際に使用するソフトには様々な機能が付いていますが、 …

人気レタッチソフトの特徴と違い【Photoshop、Lightroom、Luminar】

みなさんは撮影した写真をSNSにアップロードしたりプリントしたりするまえに、レタッチしていますか?   中には無加工の撮って出しにこだわるという人もいるでしょう。 しかし、今の時代は圧倒的に…

工場夜景写真を魅力的にするレタッチ法【Lightroom】

2020年最初の月が終わろうとしている今日。 今年の冬は暖冬が続いているので冬の風物詩である雪がなかなか撮れないと嘆いている人も多いですよね。 そんな暖冬でも美しく、むしろ少し暖かいおかげで例年よりも…

人気の記事

【中止 C98 2020夏コミ 春コミ】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

目次1 C98 2020年夏コミ(春コミ)は中止!(ふぉーかすスタッフ追記)2 「コミケ」ってどんなイベント?2.1 いつどこで開催されるの?2.2 オリンピック期間中コミケは?3 コミケ参加時の注意…

ハロウィン コスプレ

【10/26・27 池ハロ2019】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(池ハロ2019)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

コスプレ造形 キルラキル サンプル②

コスプレ造形の初心者さんにおすすめアイテム

コスプレの造形、と言うとすごくハードルが高い感じがしませんか?     好きなキャラだけど、鎧が面倒だなー、、、だから変身前の通常バージョンやろう、、というような方、少なくないかと…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

さしみるく

さしみるく

現役コスプレイヤー兼カメラマン。 現在のようにコスプレという文化が根付くずっと前からコスプレを楽しんでいます。 モデル、キャンギャル経験がいきているのか、多くのカメラマンさんからポージングや表情を評価して頂いています。(恐縮です) ただ今は、撮られるよりも撮る方が好きです。

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.