【記念撮影】子供の記念行事の撮影を頼まれた時のポイント

写真を趣味でやっていると、

「うちの子供の七五三をぜひ撮影してほしい」

「今度運動会があるから、ぜひカメラマンをやってほしい」

と言われる機会があります。

記念写真を撮影するのは、好きなものを好きなように撮影するのとは違い、緊張するものです。
子供の記念写真を撮影してほしいと頼まれた時、使えるテクニックをご紹介します。

ポイントをおさえていれば、子供の記念写真を緊張せず撮影できます。

ご自身で撮影される場合や各イベントにフォーカスしたポイントについては下記参考記事をご覧ください。

記念写真を撮影する時、押さえておきたいカット

子供の記念写真を撮影するといっても、何を撮影したらいいか分からないと思います。子供の記念写真で大事なポイントは、

・親御さんがお子様のために残してあげたいカットを撮影する
親御さんが喜ぶカットを撮影する

ということです。親御さんに聞きながら撮影してもいいのですが、子供のご機嫌はコロコロ変わります。
「これは撮影しておけば記念になる!」という写真をきっちり残していきましょう。

七五三での家族写真

七五三は、子供の晴れ姿をたくさん撮影したいところです。

しかし!

子供の晴れ着に合わせて、親御さんが正装している場合が多く、さらに孫の晴れ姿を見たいと両家の祖父母がそろう機会も多いです。
両家がそろう貴重な機会ですので、ぜひ子供を中心とした家族写真は撮影してください。

 

【参考記事】

子供の記念写真に使えるプロの技【七五三・入園式・入学式】

小さなお子様の記念撮影をスムーズに進めるコツを解説します。

入学式や卒業式での校門前の写真

校門前には、入学式や卒業式の日付が入った看板が立っています。

日付が入った看板と一緒に撮影することで、記念日が分かる写真を残すことができます。

 

【参考記事】

子供の記念写真に使えるプロの技【七五三・入園式・入学式】

小さなお子様の記念撮影をスムーズに進めるコツを解説します。

運動会でのブレていない写真

運動会の写真を頼んでくるということは、しっかりしたカメラで撮影出来る競技中の躍動感のある写真を期待している可能性が高いです。
子供が走っている時の写真は、スマホやコンパクトカメラだと、ブレないように写真を残すのは至難のワザです。

シャッタースピードを上げ、かちっと写真を残しましょう。

【参考記事】

運動会の感動を残そう!イキイキとした写真の撮り方とポイント

運動会の競技毎の撮影テクニック、設定のコツを紹介します。

子供を撮影する時に気をつけること

動いている子供を撮影する時は、流れで撮影していき、ベストショットを狙っていきますが、子供の目線をもらった記念写真やちょっとしたイメージカットを撮影する時は、気をつけておきたいポイントがあります。

目線は同じ高さで

子供を上から撮影しようとすると、身長差に加えカメラの大きさに子供が萎縮してしまう可能性があります。

子供の写真を撮影する時は、子供と同じ目線にカメラを構え、怖がらせないよう注意して撮影しましょう。

時間をかけないように

子供はちょっとしたことですぐに機嫌が変わります。

いい機嫌がずっと続けばいいのですが、歩き疲れて泣いてしまったり、思い通りにいかないことで怒ってしまうことがあります。

そのため、短時間で子供の機嫌がいいタイミングを狙って撮影していきましょう。

親御さんにはカメラマンの後ろにいてもらう

子供が目線をくれない時、親御さんに子供を呼んでもらうと効果的ですが、その際必ずカメラマンの後ろで声をかけてもらうようにしましょう。

近い位置から呼んでもらっても、子供の目線は親御さんの方にいってしまいます。

目線をゲットするために、カメラマンの後ろに陣取ってもらうようにしましょう。

記念写真を撮る時にあるといいアイテム

子供の記念写真を撮影する時に、あると写真がぐっと華やかになるアイテムをご紹介します。

定番のアイテムから、100均で手に入るアイテムなどを使って、「頼んで良かった!」と思ってもらえる写真を撮影しましょう。

入学式・卒業式の写真には定番の「ランドセル」と一緒に

ランドセルは、小学校の時でしか使用しません。

入学式でピカピカのランドセルを背負った写真、卒業式で6年間ともに過ごした年季の入ったランドセルを背負った写真、それぞれとても思いの詰まった写真を残せます。

卒業式では、ランドセルを持って登校しないかもしれませんが、親御さんに相談して持ってきてもらってもいいでしょう。

傘だけじゃない!七五三で使える100均アイテム

七五三の記念写真の定番は、傘を使った写真かと思いますが、写真館やプロのカメラマンでなければ、持っていない場合が多いです。

そこで、100均で買えるアイテムを使って、記念写真を華やかにしましょう。

紙ふうせんや万華鏡などは、子供が遊んでくれるので、自然体の記念写真が撮影できます。

 

最後に

普段撮影しないものを撮影するとなると、どうしても緊張してしまい失敗したらどうしようと思ってしまうかもしれません。
ただ、そんなに構える必要はありません。

正解は、写真を渡した後親御さんが喜んでくれることだと思いますので、持っているスキルとちょっとしたポイントを押さえて、楽しく撮影してください。

参考記事

子供の記念写真に使えるプロの技【七五三・入園式・入学式】

小さなお子様の記念撮影をスムーズに進めるコツを解説します。

運動会の感動を残そう!イキイキとした写真の撮り方とポイント

運動会の競技毎の撮影テクニック、設定のコツを紹介します。

ひと工夫でこんなに小顔に?~集合写真の撮り方・撮られ方~

立ち位置やカメラのアングルによって変わる写り方を解説します

skandsk021

skandsk021

フォトグラファーとして、ブライダルやスクールフォトなどを撮影しています。 撮影した経験を色々と書いていきます。 読者様の参考になればいいなと思っています。

おすすめの記事

【雪ロケ】美肌効果で3割増盛れる?雪の中での撮影を楽しもう

2020年を迎え、いよいよ冬本番となりましたね。 東京でも初雪が観測され、今後は益々寒くなっていくと予想されます。 さて、そんな寒くて外に出たくない冬ですが、逆に今の時期にしか撮れない写真もあります。…

コスプレROMの作り方

【コスロム】コスプレROMの作り方とポイントをご紹介!

  こんにちは、コスプレイヤー兼ライターのyuiyuiです。   突然ですがコスプレイヤー・カメラマンの皆さん、撮ったコスプレ写真ってどうしてますか? twitterやインスタにア…

トラブル

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

目次1 はじめに2 個撮で発生しうるトラブル2.1 報酬や条件に関するトラブル2.2 暴言、暴行、セクハラに関するトラブル2.3 その他3 個撮のトラブル対策3.1 条件は文面に残した上できっちりと3…

ひと工夫でこんなに小顔に?~集合写真の撮り方・撮られ方~

クリスマスや忘年会、お正月など、これからの時期は季節のイベントも増えてきて集合写真を撮る場面も多くなってきます。 この時期になると、   「私、集合写真うつり悪いなー泣」   と実…

スタジオ開業

フォトスタジオを作ってみた! ~その思いと体験記~

こんにちは。ライター兼カメラマンの高北です。   ライターだけではメシが食えない。カメラマンだけでは酒が呑めない。そんなチャンドラーのジレンマ的悩みを抱えた私の第3のお仕事、それがフォトスタ…

人気の記事

【C98 2020夏コミ(春?)】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

こんにちは。 コスプレ歴18年、ライターのyuiyuiです。 さて、突然ですが皆さん「コミケでコスプレしたい!」「コミケでコスプレイヤーを撮影したい!」と思った事はありますか? 最近ではニュースやtw…

ハロウィン コスプレ

【10/26・27 池ハロ2019】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(池ハロ2019)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

skandsk021

skandsk021

フォトグラファーとして、ブライダルやスクールフォトなどを撮影しています。 撮影した経験を色々と書いていきます。 読者様の参考になればいいなと思っています。

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.