【冬こそダイエット!】冬は太るは本当?冬を利用したボディメイク習慣

冬は太りやすいというイメージを抱きながらもダイエットを諦めてしまう人が多い季節です。

 

夏は暑いため体がついていかず食欲が進まないことから、痩せやすい季節といわれます。

逆に冬は太るのも仕方ない、太ってしまっても厚着して隠れるからいいか!油断しがちでもあります。

多くの人が『冬=太る』『寒くてダイエットは困難』と考えています。

 

本当に冬は太る季節なのでしょうか?

本記事では冬に太ってしまうメカニズムその対策について解説します。

冬は逆に効果的?そんなダイエット方法を解説します。

冬に太る理由

冬に太らない方法

では、まず冬に太ってしまう原因から考察していきましょう。原因を突き止めることで痩せやすい環境にシフトチェンジしやすくなります。順番にみていきます。

暴飲暴食

おせち

忘年会の暴飲暴食やクリスマスのケーキ、お正月にお餅といった高カロリーな食べ物を口にすること等から太りやすい季節というイメージが強いです。

寒さから動かない

冬は動かないから太る

木枯らしが吹きつける中、ダイエットのために散歩しに行こう!と行動することが億劫になってしまいます。そのため家にこもりがちです。

摂取カロリーが増えるのですが、動かない状態ですから消費カロリーは減ってしまいます。

動かないでいると筋肉量が減りますので、自然と代謝が低下していきます。

汗をかきにくい

 

代謝が低下

暑い夏には少し体を動かしただけでも、汗が出ましたが寒い冬はといいますと難しいです。

外気が冷たく体内も冷えてしまいますので、汗を出して体温を調整するどころか熱を溜め込み寒さから身を守ろうと働きます。

暑い夏では汗を出してデトックスが簡単にできたのが、冬は老廃物が溜まりやすく腸内活動が鈍くなりがちで、血流もゆっくりとなり代謝が下がってしまいます。

冬は痩せやすくできる

リセット法

汗が出ず、運動もし辛く、老廃物が溜まりやすい状況になりやすいため、ダイエットに向かないといわれる寒い冬ですが、実は今の生活スタイルに少しだけ工夫をするだけで太りにくい習慣へと変えることが可能です。

人間の体は外気が10度前後になると体内では人間活動を維持するために、内臓温度を一定に保とう(=体内温度を上げよう)と働くので、寒い季節はむしろ脂肪燃焼効果が高まるといわれています。

冬は太るから陽気が良くなったらダイエットをスタートしようかなと冬に太ってしまうことを諦めずに、少しだけ意識を変えて寒い時期だからこそ行える簡単ボディメイクで気軽に痩せやすい体質を手に入れてみませんか?

冬こそダイエットできる!ボディメイク習慣

痩せるボディメイク習慣

痩せる生活習慣にチェンジするといっても無理やり寒い外へ出て体を動かすような苦痛を伴う方法ではなく、暖かい自宅にいながら行えて、デトックス効果が高まるダイエット習慣をご紹介します。

代謝を上げるための室内運動

より脂肪燃焼効果を高めるために、おすすめなダイエット運動はスクワット』です。下半身に体の約60%の筋肉が集まっていますので、下半身の筋力強化を行うことで代謝を効率よく挙げ、ダイエット効果が期待できます。

 

スクワットは特別な場所を作らなくても立つ位置と、しゃがんでも家具などにぶつからないスペースが確保できれば実践できますので、自宅内でもできるダイエット運動です。

 

・ダイエット効果を上げるスクワットのやり方

まず、足は肩幅と同じに開き、つま先はまっすぐ前を向くようにして立ちます。そのままゆっくり3~5秒数えながらお尻を床に近づけるような感覚で、腰を落としていきます。そしてゆっくりと元に戻していきます。

 

このときに注意することは、背中を丸めてしまわないことと、頭は天井から糸に吊るされているようなイメージでぐらつかせないことがポイントです。

 

スクワットをするときに、膝を曲げる動作に注目してしまいがちですが、太ももの筋肉を刺激することが目的ですからお尻を意識して、床と水平になるように降ろしていきます。

 

可能であれば壁を前にした壁スクワットもチャレンジしてみてください。

 

慣れるまでは5回を目安に行い、徐々に回数を増やしていきましょう。ゆっくりの動作ですから活発に動かなくても代謝をあげることができますので、体がポカポカしてくることが実感できます。

 

脂肪燃焼させるための食事内容

太りにくい食事

体内の脂肪燃焼させるためには、体を温めましょう。食材の種類には体を冷やすものと温めるものがあり、痩せやすい体質を手に入れるためには、積極的に温める種類の食材を摂取する必要があります。

 

ダイエットをする人にありがちなのですが、食事制限をして食事量を減らしてしまいます。闇雲に量を減らすだけでは逆に体が温まりにくく太る原因にもなってしまいますので、きちんと食事をして体内を燃やすことを意識しましょう。

 

食べながら脂肪燃焼効果を高めてくれる食材ではショウガがおすすめです。通年野菜コーナーに陳列されていますがチューブタイプのショウガは開封すればすぐに使えて便利です。

 

寒くなると飲みたくなるのが、ココアや紅茶、スープといった温かい飲み物です。瞬時に体内を温めることができますがショウガチューブを加えることで、さらに脂肪燃焼効果がアップします。

 

適量はチューブ2~3㎝です。お好みで調整しながらお気に入りの味を見つけるのも楽しい工程ですね。休息時間のお供となるホットドリンクはリラックス効果を高めるので、血流がスムーズになり代謝が効率よく上がります。

 

また、ダイエット食事の代表的な存在でもあるヘルシーな生野菜サラダは、体を冷やす作用がありますのでショウガチュープを使ってダイエットドレッシングを作ってみましょう。

 

ダイエットドレッシングの作り方

脂肪燃焼食事

用意するもの

 

1.ショウガチューブ 小さじ2

2.オリーブオイルや亜麻仁油 小さじ2

3.塩コショウ 適量

 

混ぜるだけ。

 

特に亜麻仁油は腸内環境を整えて代謝を上げてくれるダイエットオイルです。ヨーロッパでは古くから健康油として重宝されていました。日本では近年の健康志向に伴い、ダイエットも同時に行えると注目を集めている油です。

 

腸内環境を整えるために必要な生活習慣について、こちらに詳しく書かれています。

【モデルも実践】腸活で痩せる体質になる食べ物と習慣

腸内環境を整え、食べながらボディメイクする方法を解説します。

ボディメイク習慣

 

最後に

冬のダイエット

冬は太る季節ではなく、痩せるメカニズムを知ることで効率よくボディメイクを行える季節です。代謝を高める習慣を身に着けておくことは一年間通して有効です。

 

冬に痩せる体の習慣を作っておくことで年中太る心配もせず、快適なダイエット生活を送ることができます。

 

家にいながらボディメイクができますので、ぜひ今年の冬は習慣を見直し、痩せやすい体質へ改善してみましょう

参考記事

【座ったままダイエット】座っている時間をダイエット時間に変える座り方

座ったままダイエットをするための姿勢、お勧め道具をご紹介します。

イスに座ってダイエット

食べながらダイエットでボディメイクする方法

食べながらにしてダイエットする食事方法や簡単な運動をご紹介します。

食べながらダイエット
tomo5623

tomo5623

15歳からモデル活動している2児のママで、12歳と6歳の子育て中です。 産後は15㎏増えてしまいましたが、食べながら痩せることに成功しました。 気軽に痩せられるボディメイク方法をシェアできればと思います!

おすすめの記事

【コスプレ】もう迷わない!カッコいい&可愛いポージングまとめ

衣装やメイク、機材にスタジオとバッチリ準備してきたのに、いざカメラを向けたらどんなポーズをしたら/して貰ったら良いか分からない…なんて経験ありませんか? せっかくセッティングしたのに、同じようなポーズ…

ストリートスナップ炎上事件から学ぶ!街中で撮影する際の注意点

2020年2月、富士フィルムが自社のカメラを使用して渋谷の街中で通行人を撮影した動画がSNS上で炎上し削除される事件がありました。この動画でカメラマンは、道行く人に突然カメラを向けて怪訝な顔をする人々…

【RAW?ホワイトバランス?】写真編集の用語を作例と共に解説

カメラで写真を撮り始めたばかりの方が必ず直面する壁。 それが「専門用語の意味を正しく捉える」ということです。   特に、写真をレタッチする際に使用するソフトには様々な機能が付いていますが、 …

人気レタッチソフトの特徴と違い【Photoshop、Lightroom、Luminar】

みなさんは撮影した写真をSNSにアップロードしたりプリントしたりするまえに、レタッチしていますか?   中には無加工の撮って出しにこだわるという人もいるでしょう。 しかし、今の時代は圧倒的に…

工場夜景写真を魅力的にするレタッチ法【Lightroom】

2020年最初の月が終わろうとしている今日。 今年の冬は暖冬が続いているので冬の風物詩である雪がなかなか撮れないと嘆いている人も多いですよね。 そんな暖冬でも美しく、むしろ少し暖かいおかげで例年よりも…

人気の記事

【中止 C99 2020冬コミ】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

目次1 C99 2020年冬コミも中止!(ふぉーかすスタッフ追記)2 「コミケ」ってどんなイベント?2.1 いつどこで開催されるの?2.2 オリンピック期間中コミケは?3 コミケ参加時の注意事項※C9…

ハロウィン コスプレ

【10/31・11/1 池ハロ2020】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2020(池ハロ2020)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

コスプレ造形 キルラキル サンプル②

コスプレ造形の初心者さんにおすすめアイテム

コスプレの造形、と言うとすごくハードルが高い感じがしませんか?     好きなキャラだけど、鎧が面倒だなー、、、だから変身前の通常バージョンやろう、、というような方、少なくないかと…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

tomo5623

tomo5623

15歳からモデル活動している2児のママで、12歳と6歳の子育て中です。 産後は15㎏増えてしまいましたが、食べながら痩せることに成功しました。 気軽に痩せられるボディメイク方法をシェアできればと思います!

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.