コスプレイヤー、カメラマンのつながりの広げ方

コスプレ 合わせ
コスプレイヤーとして、またコスプレを撮影するカメラマンとして活動していくと、ある物が足りなくなってきます。

それは「横のつながり」です。

横のつながりがないとコスプレイベントに誘われることもありませんし、情報交換ができません。

コスプレイヤーですと同じ作品のキャラを複数人数でコスプレする、いわゆる「合わせ」も不可能です。

カメラマンだと撮影するモデルがイベントでの一期一会のみになってしまいます。

 

なによりも横のつながりが広いと、コスプレイヤー、カメラマンとしての活動が楽しくなります。
デメリットは特にないので、コスプレイヤーやカメラマンの横のつながりは広げておくべきでしょう。

イベントでの行動は気を配りましょう

SNSの普及により、誰がどのような行動をしていたかという噂はすぐに広まってしまいます。
イベントでは楽しみつつも、様々な事に気を配るべきです。

挨拶やお礼は必須

挨拶

イベントでは様々なシチュエーションで挨拶やお礼を言う場面があります。

例えばカメラマンに撮影をしてもらった時、コスプレイヤーに撮影させてもらった時、顔見知り程度の方とすれ違った時など「一言の挨拶やお礼」によって、受け取る側の印象が変わってきます。

挨拶やお礼一つで距離感が縮まる可能性もありますし、逆も然りです。

 

社会人として挨拶やお礼は当然のマナーですから、イベント時も気を配るようにしましょう。

イベント会場や更衣室は綺麗に使用する

コスプレイヤーの場合、更衣室が用意されている場合が多々あります。
更衣室での立ち振る舞いは、他のコスプレイヤーに見られていると思って行動した方が無難でしょう。

 

例えば下記のような行動は迷惑をかけますし、好まれません。

・必要以上に荷物を広げて着替える

・ゴミを処理しない

・友達と参加した際、大声で騒ぎながら更衣室を使用する

 

またイベント会場は皆が使う公共の場です。

撮影機材を必要以上に多く持ち込んだり、一般の方に迷惑をかけたりするような行動は横のつながりを持つ機会を失うどころか、世間のコスプレイヤーやカメラマンの印象を下げます。

自分本位な行動は慎みましょう。

名刺交換・連絡先交換は積極的かつ慎重に

以前の記事で、コスプレイヤーの名刺についてお話ししました。

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

この名刺を活用し、横のつながりを広げていくのは有効な手段です。

しかし、連絡先を交換すると言うことはある意味リスキーであることを、心の片隅に留めておくべきでしょう。

「コスプレイヤーが撮影と称されてカメラマンと二人きりで出かけたところ、危ない目に遭った」・・・という話は、残念ながら少なくありません。

横のつながりをつけるために積極的に動きつつ、自分の身は自分で守るように心がけましょう。

個人撮影の注意事項はこちらの記事を参考にして下さい。

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

個人撮影の注意点や予防法を解説!

トラブル

横のつながりを広げるコツ ~コスプレイヤー編~

ここからはコスプレイヤー、カメラマンそれぞれの「横のつながりを広げるコツ」を説明していきます。

もちろんコスプレイヤーに対してのコツがカメラマンに有効だったり、その逆もありますので、是非熟読して下さいね。

スケッチブックを用意する

イベントに参加したことある方は目にしたことがあるかもしれませんが、撮影されている、もしくは待機している傍らに自己紹介ボードのようなものが置かれているのをご存知でしょうか?

 

スケブ

これは通称「スケブ」(スケッチブックの略)といいます。

上記のサンプル画像のように名前、SNSアカウントなどの自分をアピールできることを記載し、立て看板のように置いておくのです。

カメラマンや他のコスプレイヤーはスケブと一緒にコスプレイヤーを撮影し、誰が誰だったかを把握することが可能になります。

名刺は直接渡す必要がありますが、スケブは置いておくだけでいいので、横のつながりが自然と広がるアイテムと言えるでしょう。

カメラマンを選り好みしない

現在、様々なカメラマンがコスプレイベントに参加しています。

コスプレイベントに対しての敷居が下がっているこということもありますが、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラの画質が上がっているため、機材を買い揃えなくても気軽に参加できるようになったからです。

コスプレイヤーとしては綺麗に撮って欲しい気持ちが強いわけですから、きちんとした機材を持っていない方はお断りしている方も見受けられます。

また「知り合いのカメラマン以外お断り」としているコスプレイヤーも少なくありません。

 

これらの行動はNGである行動というわけではありませんが、横のつながりを広げるチャンスを逸している可能性もあるので、過度な選り好みはしない方がいいでしょう。

またあまりにも過剰により好んでいると、SNS上に晒されてしまう危険性もあるのでご注意下さいね。

同作品コスプレイヤーと交流しよう

同作品 合わせ

イベント会場で同じキャラクター、同じ作品のコスプレイヤーを見かけたら、積極的に声をかけてみましょう。

イベント会場での即興合わせはとても楽しいですし、カメラマンも撮影してくれることがとても多いです。

なにより同じ作品のコスプレイヤーということは、趣味嗜好が似通っている可能性が高く、今後他作品で合わせを企画できるかもしれません。

 

「同じキャラかぶりだ」という見方ではなく、「同じキャラと出会えて嬉しい」と前向きに受け取りましょう。

横のつながりを広げるコツ ~カメラマン編~

カメラマンは当然ですがコスプレイヤーと異なり衣装を着ていません。

上記したスケブもありませんし、なかなか横のつながりを広げにくいとも言えます。

しかしちょっとした気遣いで横のつながりを広げることは可能です。

名札を付けよう

名札

カメラマンとして名前と顔を覚えてもらうためには、『名札』が一番効果的です。

名前だけでも構いませんし、SNSアカウントを付記してもいいでしょう。

名札さえ付けていれば、相手が「顔は覚えているんだけど名前が・・・」という事態に陥りにくく、覚えてもらいやすくなります。

撮影したデータはアップロード、もしくはプレゼントしよう

コスプレイヤーは撮影されたデータを求めています。

理由としては、SNSにアップロードしたり、名刺用に使うなど、コスプレイヤーとしての活動の幅を広げるためです。

撮影したデータを渡すことができれば、気遣いのできるカメラマンとして覚えてもらえますし、相手からも悪い印象は持たれません。

データをアップロードする方法としては、二つの方法があります。

 

SNSにアップロードする
→この場合修正やボカシ、掲載許可を取るようにしましょう。
詳しくは下記記事に掲載されています。

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

ギガファイル便などのアップローダにアップして、URLを教える
→大量のデータを渡したい時に有効な手段です。

身だしなみに気を遣おう

コスプレイヤーはもちろんですが、カメラマンも清潔感がない人とは付き合いたくないのが本音です。

 

入浴、歯磨きは必ずしてから出かける

洗濯した洋服を着用する

爪は切りそろえ、爪の間の汚れを取る

・前日から匂いの強い物は食べない

 

これだけでも人に与える印象は違います。

横のつながりを広げたいならば、まず最低限の身だしなみは整えましょう。

SNSでも一工夫でつながりが生まれる

以前の記事でSNSについて説明しました。

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

この基礎知識に一工夫を加えるだけで、横のつながりが広がりやすくなります。

プロフィールを充実させる

SNSではプロフィールの善し悪しが、フォロワーを獲得できるかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

「自分はどのような人間か」ということを、きちんと伝えられるようなプロフィールを作りましょう。
ではTwitterを例にして説明します。

Twitter プロフィール

・プロフィール画像、ヘッダ画像はきちんと設定

・自分がコスプレイヤーなのか、カメラマンなのか、はっきりと明記

・好きなジャンル、作品名を記載

・おおよその居住地域を書くと、同地域の方と仲良くなれる可能性UP

・友達募集中ならばしっかり記載

 

プロフィールはSNS上での「自分の顔」です。
しっかりと充実させて、自分はどのような人間かということをアピールしていきましょう。

極力返信、反応をする(ただし相手には求めない)

自分の発言や撮影作品についてコメントがついたら、極力返信をしましょう。

また、イベントなどで知り合ったばかりの人の投稿には積極的な反応を心掛けることも大切です。
「この人は反応してくれる」と相手に思ってもらえたら、そこからつながりが広がる可能性もあります。

 

しかしここで注意しなくてはならないのは、「返信や反応を相手には求めない」ということです。
「自分は反応したのに相手からは反応がないのはおかしい」というのは間違った感情です。

 

相手には相手の生活があり、考え方があります。

 

相手を尊重してこそのSNSであるということは忘れてはなりません。

つながりを広げるともっと楽しくなるのがコスプレ業界

自分一人でコスプレや撮影を始めた場合、はじめは誰もが一人きりです。

イベントで大勢で楽しくコスプレ撮影をしている場面に遭遇すると、うらやましいなと感じる方も少なくないでしょう。

 

しかし、自らの努力によってつながりを広げることは可能です。

 

つながりを広げると、カメラマンもコスプレイヤーも活動の幅が広がり、世界が変わってきます。
一人きりで活動するよりもきっと楽しくなります。

つながりを広げるための第一歩は抵抗があるかもしれませんが、頑張ってみて下さいね。

 

参考記事

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

個人撮影の注意点や予防法を解説!

トラブル

コスプレイヤー、カメラマン向け!SNSの活用とマナー、注意点

コスプレ界隈で注意すべきSNSの使い方・注意点を解説しています。

SNS アイコン

【コスロム】コスプレROMの作り方とポイントをご紹介!

コスプレROM製作初心者の方向けに手順や注意点を解説!

コスプレROMの作り方
さしみるく

さしみるく

現役コスプレイヤー兼カメラマン。 現在のようにコスプレという文化が根付くずっと前からコスプレを楽しんでいます。 モデル、キャンギャル経験がいきているのか、多くのカメラマンさんからポージングや表情を評価して頂いています。(恐縮です) ただ今は、撮られるよりも撮る方が好きです。

おすすめの記事

【雪ロケ】美肌効果で3割増盛れる?雪の中での撮影を楽しもう

2020年を迎え、いよいよ冬本番となりましたね。 東京でも初雪が観測され、今後は益々寒くなっていくと予想されます。 さて、そんな寒くて外に出たくない冬ですが、逆に今の時期にしか撮れない写真もあります。…

コスプレROMの作り方

【コスロム】コスプレROMの作り方とポイントをご紹介!

  こんにちは、コスプレイヤー兼ライターのyuiyuiです。   突然ですがコスプレイヤー・カメラマンの皆さん、撮ったコスプレ写真ってどうしてますか? twitterやインスタにア…

トラブル

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

目次1 はじめに2 個撮で発生しうるトラブル2.1 報酬や条件に関するトラブル2.2 暴言、暴行、セクハラに関するトラブル2.3 その他3 個撮のトラブル対策3.1 条件は文面に残した上できっちりと3…

ひと工夫でこんなに小顔に?~集合写真の撮り方・撮られ方~

クリスマスや忘年会、お正月など、これからの時期は季節のイベントも増えてきて集合写真を撮る場面も多くなってきます。 この時期になると、   「私、集合写真うつり悪いなー泣」   と実…

スタジオ開業

フォトスタジオを作ってみた! ~その思いと体験記~

こんにちは。ライター兼カメラマンの高北です。   ライターだけではメシが食えない。カメラマンだけでは酒が呑めない。そんなチャンドラーのジレンマ的悩みを抱えた私の第3のお仕事、それがフォトスタ…

人気の記事

【C98 2020夏コミ(春?)】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

こんにちは。 コスプレ歴18年、ライターのyuiyuiです。 さて、突然ですが皆さん「コミケでコスプレしたい!」「コミケでコスプレイヤーを撮影したい!」と思った事はありますか? 最近ではニュースやtw…

ハロウィン コスプレ

【10/26・27 池ハロ2019】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(池ハロ2019)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

さしみるく

さしみるく

現役コスプレイヤー兼カメラマン。 現在のようにコスプレという文化が根付くずっと前からコスプレを楽しんでいます。 モデル、キャンギャル経験がいきているのか、多くのカメラマンさんからポージングや表情を評価して頂いています。(恐縮です) ただ今は、撮られるよりも撮る方が好きです。

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.