ポートレート撮影に便利なアンブレラの選び方

ポートレートの可能性を広げるために、アンブレラはきわめて重要と言えるアイテムです。
写真の腕と質を向上させていきたいのであれば、ぜひ購入していただきたいところです。

 

しかし、ネットショップや大手家電量販店では大手からノーブランドまであらゆるメーカーのアンブレラが並べられており、いったいどれを買えばよいのか初心者にはいまいち分かりづらいものです。

そこで今回は、初めてのアンブレラ選びにおいて押さえて置きたいポイントについて解説を行っていきます。

 

アンブレラって何?

まず、アンブレラについてあまりよく知らないという方のために、基礎的な事柄について解説を行っていきましょう。

 

アンブレラについてものすごく説明するならば、「傘」です。機械的な構造自体は雨や日照りの時に使うものと大きな違いはありません。
この傘が、より表現豊かなポートレート撮影を行うにあたっては非常に重要となります。

 

アンブレラの役割は、ストロボから発せられる光を拡散することです。
たとえば人物に対して直接光を当てると、あたかも証明写真のようなのっぺりとした写りになってしまいます。
しかし、アンブレラを介してやわらかい光を生み出すことができれば、被写体のよいところを適度に表現する要素となってくれるのです。

比較

アンブレラの選び方

それでは、アンブレラを購入する際はどういったポイントに気をつけて選べばよいのでしょうか。

 

大きさはそれほどなくてよい

まず、アンブレラに関してはサイズの大きいものがよいと言われています。
アンブレラが大きければより光を拡散してくれるからです。

 

だからと言って、必ずしも大きなアンブレラがよいのかというと、そうではありません。

 

サイズが増せばそれだけ狭い場所では扱いづらくなりますし、風の影響で倒れやすくなります
さらに言うなれば、大きなアンブレラは被写体の死角に生じる影を薄くする効果がありますが、スタイリッシュな写真を撮りたい場合パンチ力がなくなり、かえって表現を妨げるといった状況もあり得るのです。もちろん、費用も高くなるのは言うまでもありません。

 

そういった欠点を考えて判断するならば、趣味のポートレートなどに使用するアンブレラはだいたい30~40インチの小さめのものをセレクトされるのがよいでしょう。

 

骨の素材に注意

アンブレラの欠点として「壊れやすい」といったことが挙げられます。「アンブレラは消耗品」と言われているぐらいです。

 

特に多いのが、撮影中風や身体の接触によって転倒し、骨が折れてしまうといったケースです。骨の折れたアンブレラは見映えが悪いだけでなく、ライティング的にも決してよいものではありません。

かと言って買い換えようにも、アンブレラの相場は安くて2,000~3,000円。消耗品としては決して安いとは言いづらいです。

 

ひとつのアンブレラをできる限り長く使ってムダな出費を防ぎたいのであれば、グラスファイバー等できる限り丈夫な素材が使われているものを選びましょう。

 

白か銀か

アンブレラのカラーは、「白」と「銀」の2種類がよく使われています。こうした色の違いは単なるオシャレではなく、ライティングにも少なからず関係しているのです。

 

前者(白)の場合、反射拡散された光はふんわりやさしくやわらかくなる傾向があります。

後者(銀)はその反対で、はっきりと力強さを内包した光になってくれるのです。

 

アンブレラの種類として、もうひとつ「トランスルーセント(透過アンブレラ)」というものがあります。

これは光をある程度通す素材で作られており、通常のアンブレラが被写体とは反対側の方に先端を向かせ光を反射させるために使うのに対して、これはあえて被写体の方に向け、発せられる光を直接和らげるデフューザーのような使い方をします。

トランスルーセントアンブレラによる光は、柔らかでありながらやや直線的です。

 

まとめ

消耗品と揶揄されることも多いアンブレラですが、せっかく買うのであれば使いやすく長持ちするものを選んだ方がよいはずです。この記事の情報を元に、さまざまなメーカーのものを比較検討してみてください。

参考記事

これだけ抑えれば写真の印象が変わる!撮影で重要な基本構図!

カメラの基本構図を作品を合わせて解説します。

カメラ撮影で構図を考える

中古カメラってどう?初心者カメラマンは高性能に拘らなくてもよい?

新しくカメラに挑戦する方向けに中古カメラを選ぶメリットやリスクを解説します。

中古カメラアイコン

工場夜景写真を魅力的にするレタッチ法【Lightroom】

ひと味違う工場夜景写真に調整する方法を解説します。

bitamin00

bitamin00

カメラマン兼ライターです。 自分の経験を元に、みなさんの撮影に活用できそうな情報を提供していきます。

おすすめの記事

【雪ロケ】美肌効果で3割増盛れる?雪の中での撮影を楽しもう

2020年を迎え、いよいよ冬本番となりましたね。 東京でも初雪が観測され、今後は益々寒くなっていくと予想されます。 さて、そんな寒くて外に出たくない冬ですが、逆に今の時期にしか撮れない写真もあります。…

コスプレROMの作り方

【コスロム】コスプレROMの作り方とポイントをご紹介!

  こんにちは、コスプレイヤー兼ライターのyuiyuiです。   突然ですがコスプレイヤー・カメラマンの皆さん、撮ったコスプレ写真ってどうしてますか? twitterやインスタにア…

トラブル

【個撮】個人撮影で発生しうるトラブルと注意点・予防法

目次1 はじめに2 個撮で発生しうるトラブル2.1 報酬や条件に関するトラブル2.2 暴言、暴行、セクハラに関するトラブル2.3 その他3 個撮のトラブル対策3.1 条件は文面に残した上できっちりと3…

ひと工夫でこんなに小顔に?~集合写真の撮り方・撮られ方~

クリスマスや忘年会、お正月など、これからの時期は季節のイベントも増えてきて集合写真を撮る場面も多くなってきます。 この時期になると、   「私、集合写真うつり悪いなー泣」   と実…

スタジオ開業

フォトスタジオを作ってみた! ~その思いと体験記~

こんにちは。ライター兼カメラマンの高北です。   ライターだけではメシが食えない。カメラマンだけでは酒が呑めない。そんなチャンドラーのジレンマ的悩みを抱えた私の第3のお仕事、それがフォトスタ…

人気の記事

【C98 2020夏コミ(春?)】コミケでコスプレ・カメラデビュー!

こんにちは。 コスプレ歴18年、ライターのyuiyuiです。 さて、突然ですが皆さん「コミケでコスプレしたい!」「コミケでコスプレイヤーを撮影したい!」と思った事はありますか? 最近ではニュースやtw…

ハロウィン コスプレ

【10/26・27 池ハロ2019】今年も池袋ハロウィンコスプレフェスがやって来る!

いよいよ今年もハロウィンが近づいてきました! ハロウィンイベントは各地で開催されますが、『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(池ハロ2019)』といえば、都内最大規模のコスプレイベントと言っても過言…

モデルの探し方

素人カメラマンがコネに頼らずポートレートモデルに撮影依頼する方法

「いざ、ポートレートを撮影しよう」と考えても、カメラマン1人だけでは撮影できません。 被写体として撮影に協力してくれるモデルさんが必要です。 最近はネットの普及により、趣味カメラマンでもかなり撮影モデ…

bitamin00

bitamin00

カメラマン兼ライターです。 自分の経験を元に、みなさんの撮影に活用できそうな情報を提供していきます。

ふぉーかすのロゴ

アナタの想いに、ピントを合わせる。

Copyright nails, Inc. All Right Reserved.